強いから負けられるということもあります

幸せへの7つのステップをまとめた岡本一志先生の小冊子とラジオ音源を無料でプレゼントしています

「勝ち組」「負け組」という言葉があります。

最近では、「相手を負かして勝ちさえすればいいんだ」と、やたらと勝ち負けにこだわって意地を張ったり、
相手を傷つけたりする風潮があります。
議論に勝つ、腕力で勝つ、知識で勝つ――。
どうでもいいことでも、勝ちにこだわる人がいます。

「自分の強さを見せつけたい」という自己顕示欲に振り回され、尊大な態度をとってしまうのです。

逆に、相手に頭を下げたり、謝ったりせざるをえない立場の人もいます。

そういう人は、相手の言うことを聞いてしまうと、

「自分は負けた」「自分は弱いダメな人間だ」と、自分を責めて落ち込んでしまいがちです。

でも、負けたり、勝ちを相手に譲ったりするのは、弱いからだとはいえません。

「強いから負けられる」ということも往々にしてあるのです。

五十代の男性からこんな相談を受けました。

前の会社が倒産して再就職しましたが、そこでは新入社員と同じですから、
二十歳も年下の上司から指図されたり、厳しく言われたりするそうです。

それが悔しくて情けなくてつらいと言われるのです。

長引く不況の中で、こういう思いをされている男性は多いと思います。

「何のために、そこまで忍耐されるんですか」

と聞いてみました。

「自分一人ならここまでしないけど、家にまだ高校生の子供がいるんですよ」

「立派なお父さんですね。家族のために、二十歳も年下の人に頭を下げられる。
本当に立派で、心の強い方だと思います」と男性を励まして、こんな歌をご紹介しました。

「花を持つ 人から避ける 山路かな」

 一人しか通れない狭い山道で二人が鉢合わせになりました。一人は何も持っていませんでしたが、
もう一人は両手いっぱいのきれいな花を抱えています。

こんな時、「お先にどうぞ」と道を譲ることができるのは、両手いっぱいの花を抱えている人です。

お先にどうぞ.jpg

もし「俺が先だ」「いや、俺のほうが先だ」とぶつかり合ったら、大事な花が散ってしまうからです。
だから、大事な花を守るために、笑顔で「お先にどうぞ」と道を譲ることができるのです。

意見が衝突した時、争いになった時、意地の張り合いをやめて譲ることができるのは、
守らなければならない大切な花がある人です。

「年下の上司に頭を下げるのは、あなたが弱いからでも劣っているからでもないのですよ。
家族という大事な花のために、頭を下げられる心の強い方ですね」

と励ますと、その男性は涙ぐみながら、

「そう言ってもらえるとうれしいです」と答えてくださいました。

この男性の場合、大事な花は家族でした。

私たちも、それぞれに、守りたい大事な花を持っているのではないでしょうか。
そのために、忍耐しなければならない場面に出くわすことは多々あります。

例えば、どうしてもやりたいことがあって、その目標に向かって、
若い人に交じって一から勉強している人もあるでしょう。姑からきつい言葉をかけられるけれど、笑顔で返事をしなければならない時もあるでしょう。

仏教では忍耐のことを「忍辱」と教えられ、お釈迦さまは、善いタネまきの一つとして勧められています。
ぐっと耐えて、相手に譲れる人は、本当の心の強さを持った人なのです。


↓をクリックしてください

header.png
↑をクリックしてください

仙台 幸せになれる「6つの習慣」 

--------------------------------------------------------------
■11/7(土)14:00-16:00(岡本先生・添谷先生)

 会場:日立システムズホール仙台(青年文化センター)会議室1

【特別講座】幸せになれる「6つの習慣」(1)

--------------------------------------------------------------
■11/7(土)19:30-21:00(岡本先生・添谷先生)

 会場:せんだいメディアテーク 7階会議室a

【特別講座】幸せになれる「6つの習慣」(2)

★参加費はお気持ち制です。

横浜 「道は開ける」 仏教講座 

今回の講座は世界的ベストセラー『道は開ける』(デール・カーネギー著)

と仏教を学ぶ講座です。


「道は開ける」は自己啓発書の元祖ともいわれます。

日本国内で430万部、世界で1500万部以上を売り上げ

発売から70年近く経った現在でも売れ続けるという超ロングセラーになっています。

日本での評価も非常に高く、経営者が勧めたり、

新人研修に用いられたりする事も多いですね。

仕事でもプライベートでも、もっと充実させたいあなたに

おススメの講座です。


仏教のお話は、今回、25万部のベストセラー

【幸せのタネをまくと幸せの花が咲く】 の著者

岡本一志先生をご招待しています。


「ブッダの教える 幸せへの思考法」

もう自分を不幸にする思考ぐせをやめませんか?

あなたの人生観を180度ひっくり返す

人類史上最高のブッダの智慧を身につけ

ありのままの人生の素晴らしさを味わう方法をお伝えします

世界最高の偉人ブッダ釈迦が45年かけて教え続けたことは、

どうしたら幸せになれるかこれ一つでした。

そのブッダの教えのエッセンスをお伝えします。


----------------------------------------

◇日時:11/8(日)10:00~11:30

◇場所:かながわ県民センター(横浜駅西口・徒歩5分) 306会議室

◇タイム・テーブル:

10:00 講義(40分×2, 途中10分の休憩をはさみます)

10:40
休憩
10:50
講義
11:30

◇参加費:カンパ制
     (お気持ちを自由に箱におさめて下さい)


◇講師紹介:

・岡本一志先生

東京大学数学科から仏教の講師になったという39歳

現在は、全国各地での講演活動や執筆活動で

子供から大人まで様々な悩みに向き合っている方です。


・飯田隆史先生

東京を中心に関東各地で年間100回以上の講座を

15年に渡り開催。

マレーシアや韓国など東南アジアでも講演経験があり

一から仏教のお話をされます。



DSC_1417.JPG

詳細申し込みはセミナーの日程ページでお願いします。上写真をクリックするとそこに飛びます。