「相手が間違い。自分が正しい」
    相手を一方的に責める気持ちをリセットしてみよう

ちょっとしたことで、私たちは腹を立ててしまうことがあります。
腹が立つと、相手の欠点や間違っているところを探し出して、相手を責めてしまいます。
 いったん「相手が間違っている。自分が正しい」と思い込むと、

「腹が立つのは相手が悪いからだ、自分は間違っていない」という理屈になり、
ますます一方的に相手を責め続けてしまいます。

 実は、私たちが腹を立てるのは、相手が間違っているからではないのです。
 お釈迦さまは、次のように教えられています。

「私たちが腹を立てるのは、相手が間違ったことをしたからではなくて、自分の欲求が満たされなかったり、妨げられたりするからなのだよ」

 このことに気がつくと、相手に対する一方的な責めモードが解除されて、怒りの心が和らぐのです。

 夫との関係に悩む奥さんの相談を受けた時のことです。

「うちの主人は、本当にダメな人なんです。要領が悪いから、帰ってくるのも遅いんです。そのくせ、家にいる時はほとんどしゃべらない。
何してもらっても当たり前で、だらしない。一緒にいると、本当に腹が立ってしかたがありません」
 夫の悪い部分や欠点を次から次へと挙げられます。

そして、

「だから自分が腹が立つのは当然だ」「私でなくても、あんな人と一緒にいたら誰でも腹が立つ」
ということを繰り返し訴えてこられました。私はひととおり話を聞いたうえで、

「よく耐えておられますね。ところで、あなたはご主人にどうなってほしいと思いますか」
と尋ねてみました。すると、

「もっと話を聞いてほしいし、食事でもちゃんと、おいしいとかおいしくないとか言ってほしい。
何も言わないから、無視されているようで腹が立つんです」

と言われました。
「そうですね。ご主人にはいろいろ欠点があるようですが、
欠点に対してというより、もっと会話が欲しいのにこたえてくれないところに腹が立つんですね」
と言うと、

「そうなんです。こんなに寂しい思いを我慢しているんです」
「あなたが会話がなくて寂しいと思っていることを、ご主人はご存じですか」
「いえ、鈍感なので気がついていないと思います」
「だったら、その気持ちを正直に伝えてみたらどうでしょう」
「たしかに、責めるばかりで、自分の気持ちをちゃんと伝えていませんでした」

と、だんだん怒りが落ち着いてきたようでした。

奥さんが腹を立てていたのは、夫が自分の話を聞いてくれず、寂しかったからなのです。
夫の欠点をたくさん挙げたのは、

「間違っているのは夫。自分は正しい」と自分を正当化するためだったのです。

だから、夫の欠点をどれだけ責めても、怒りが治まらなかったのです。

私たちも相手を責めている時は、

「自分は正しい、相手は間違い」といろいろな理屈で正当化しています。

でも、どうして腹が立つのかを見つめると、相手が間違っているからではなく、
自分の欲求が満たされなかったり、妨げられたりするからなのです。
 このことに気づくと、「相手が悪い」と一方的に責める気持ちが和らいで、
自分の「こうしてほしかった」「これが嫌だった」という素直な気持ちを伝え合おうとする
前向きな努力につながるのではないでしょうか。

幸せへの7つのステップをまとめた岡本一志先生の小冊子とラジオ音源を無料でプレゼントしています


↓をクリックしてください

header.png
↑をクリックしてください

仙台 幸せになれる「6つの習慣」 

--------------------------------------------------------------
■11/7(土)14:00-16:00(岡本先生・添谷先生)

 会場:日立システムズホール仙台(青年文化センター)会議室1

【特別講座】幸せになれる「6つの習慣」(1)

--------------------------------------------------------------
■11/7(土)19:30-21:00(岡本先生・添谷先生)

 会場:せんだいメディアテーク 7階会議室a

【特別講座】幸せになれる「6つの習慣」(2)

★参加費はお気持ち制です。

横浜 「道は開ける」 仏教講座 

今回の講座は世界的ベストセラー『道は開ける』(デール・カーネギー著)

と仏教を学ぶ講座です。


「道は開ける」は自己啓発書の元祖ともいわれます。

日本国内で430万部、世界で1500万部以上を売り上げ

発売から70年近く経った現在でも売れ続けるという超ロングセラーになっています。

日本での評価も非常に高く、経営者が勧めたり、

新人研修に用いられたりする事も多いですね。

仕事でもプライベートでも、もっと充実させたいあなたに

おススメの講座です。


仏教のお話は、今回、25万部のベストセラー

【幸せのタネをまくと幸せの花が咲く】 の著者

岡本一志先生をご招待しています。


「ブッダの教える 幸せへの思考法」

もう自分を不幸にする思考ぐせをやめませんか?

あなたの人生観を180度ひっくり返す

人類史上最高のブッダの智慧を身につけ

ありのままの人生の素晴らしさを味わう方法をお伝えします

世界最高の偉人ブッダ釈迦が45年かけて教え続けたことは、

どうしたら幸せになれるかこれ一つでした。

そのブッダの教えのエッセンスをお伝えします。


----------------------------------------

◇日時:11/8(日)10:00~11:30

◇場所:かながわ県民センター(横浜駅西口・徒歩5分) 306会議室

◇タイム・テーブル:

10:00 講義(40分×2, 途中10分の休憩をはさみます)

10:40
休憩
10:50
講義
11:30

◇参加費:カンパ制
     (お気持ちを自由に箱におさめて下さい)


◇講師紹介:

・岡本一志先生

東京大学数学科から仏教の講師になったという39歳

現在は、全国各地での講演活動や執筆活動で

子供から大人まで様々な悩みに向き合っている方です。


・飯田隆史先生

東京を中心に関東各地で年間100回以上の講座を

15年に渡り開催。

マレーシアや韓国など東南アジアでも講演経験があり

一から仏教のお話をされます。



DSC_1417.JPG

詳細申し込みはセミナーの日程ページでお願いします。上写真をクリックするとそこに飛びます。